留学費用

Costs

 出国準備

HOME > 留学費用 > 出国準備

外国に出た場合、パスポートは身分証になります。パスポートと航空券は非常に重要な資料なのでキャリーケースや、鍵のかかった場所に入れ、パスポートコピーのみいつも所持し 出かけることをおすすめします。さらに準備物を詳しく読み個人的に必要なものを準備され持っていくとよいでしょう。日本で販売している ほとんどの物はフィリピンにもあります。行かれる学校の住所、電話番号などは日本のご両親にも一枚渡しておくと良いと思います。物を送られたり、 学生に電話をされる時容易に使用できます。フィリピン入国申告書を飛行機内で書く際に参考にできる
見本などを準備しておくことをお勧めします。 フィリピンではピックアップ場所が空港から出て少し歩いていかなければなりません。

 研修準備

貴重品 パスポート パスポートコピー準備
現金 出国時空港税納付時必要
航空券 天気を確認及びコピーを保管しておく
信用カード/デビットカード 信用カード(MASTER CARD)またはデビットカード(CIRRUS/ MAESTRO)
留学生保険証書 保険はもしもの事態に備えて必ず加入してください
学習用品 筆記道具 現地でも購入可能です。
練習紙 現地でも購入可能です。
以前に自身が見ていた文法本と会話本も準備してください。
かばん 背負う事ができるかばんを準備してください。
辞書 英日、日英辞書または電子辞書を準備してください
衣類 帽子 野外活動及び余暇時間に必ず必要です。
半ズボン 7着準備してください。暑い国なので無いと後悔します。
Tシャツ 7着ほど準備すると良いです。
下着 1日1着、7着ほど準備してください。
靴下 2足程度準備すると良いです。
水着 フィリピンでは余暇時間に水着が必要になる事もあります。
ジャンパー/長ズボン ジャンパー、長ズボン1着程度必要。
靴/サンダル 現地でも購入可能です。(室内用スリッパ1つ)
洗面道具 歯ブラシ/歯磨き粉 現地でも購入可能です。
洗面石鹸/シャンプー 現地でも購入可能です。
化粧品 旅行用に簡便に準備してください。
タオル 5枚程度準備すると良いです。
髭剃り 電気充電器可能な物が良いです。(電気220V)
その他 救急薬 頭痛薬/腹痛薬/消毒薬/バンドエイドなど簡単な救急薬品
サングラス 目を保護するために必要
いつ雨が降るか分からないので折りたたみを1つ準備してください。
カメラ 高価な製品よりも使用が便利なもの

 パスポート/ビザ/航空券英文名確認

フィリピン資料、パスポート、観光ビザ、航空券を受け取ったら、英文名が自分のパスポートの英文名と同一であるかを必ず確認しなければなりません。スペル一つでも 間違っている場合、他の人として見なされて飛行機に乗れない場合があり、ビザも無効処理されるからです。

 SSPとは?

SSPとはSpecial Study Permitとして留学ライセンスと考えれば良いです。
SSP準備の(パスポート写真3枚)書類を用意したか確認され書類を留学される学校でマネージャーに提出してください。

 フィリピン空港入国審査案内(Immigration Check)

セブ空港に到着し飛行機から降りると入国審査台の方へ向かいます。入国審査台の前にたちパスポートと機内で記載した入国カード、税関申告書と一緒に本人のパスポート、帰国用航空券 (または第3国行き航空券)を提出すると殆ど何も聞かれずパスポートに入国スタンプを押しそこで 全ての滞留期間(ノービザの場合は21日/59日ビザを持っている場合は必ずパスポート内に59日ビザ欄を開いて 出さないといけません。)万が一、ビザを見られずにノービザと見なされ21日印を押されると 59日ビザは無効になるからです。(このような場合がよく起こりはしないですが、万が一のためです) 全ての外国人は片道航空券で入国が不可能で必ず往復航空券やフィリピンから違う国へ行く 航空券を事前に購入しなければいけません。

 両替

フィリピンへ行かれる時、日本で米貨(US$100)を準備なさりフィリピン現地でまたペソ(Peso)に両替されるとよいです。 米貨を準備される時は昔のお金(特に1996年ドルは避けてください)、破れていたり損傷されたお金はフィリピン現地で両替が出来ません。この点に注意され 準備してください。フィリピンに到着された時、ピックアップがある場合は空港で無理に両替する必要はありません。フィリピンは市内の至る所に両替所が多いため 学校や寮へ場所移動をなさった後両替をされると良いです。フィリピンで両替される時は、換率優遇を受けられるUSD$100単位で両替され 常に小銭も一緒に受け取る事を忘れないでください。